慎重に中古車を選ぼう!失敗しない中古車購入のポイントとは

事故車かどうかをしっかりチェック

中古車を買う場合は、しっかり下調べし、業者選びや車両選びを慎重に行う必要があります。まずは事故歴のチェックです。過去に修復歴のある車が、すぐに問題を起こすとは言い切れません。しかし、長い目で見れば、徐々に影響が出てくる可能性は十分考えられます。したがって、自己歴なしの車両を購入する方法が安心ですよ。

走行距離には十分注意しよう

2つ目のポイントは走行距離です。例えば、下見で走行距離をチェックしたとします。その際、たとえ短い走行距離でも、完全に信用するのは要注意です。業者が走行メーターを改ざんし、本来の走行距離よりも少なく偽っている可能性がゼロではありませんよね。したがって、整備士の知り合いがいる方は、一緒に見てもらいましょう。そこで、各部品や状態をチェックし、走行距離とのギャップに違和感がなければ購入しても構いません。

旧車は部品供給がポイント

中古車の中でも、旧車カテゴリーに入るモデルは、部品の供給方法も考えておく必要があります。ただカッコイイだけで選ぶと、あとあと後悔する可能性が高いです。ほとんどの旧車は、純正パーツの製造が終了していますよね。したがって、故障した際に頼れる旧車専門店を探しておきましょう。

ただし、旧車専門店は、対応できるモデルに制限がありますよね。自分の気になる旧車専門店が見つからない場合は、自分で部品を探さなければなりません。

今回紹介したポイントは、中古車選びの基本的なノウハウです。これを知っておくだけで、失敗する確率が低くなりますよ。中古車購入の経験がない方は、ぜひ参考にしてみてください。

ボルボの中古車は、国内でも根強い人気を誇っている車です。近年では頭金なし、納車後2年間無料保証を付けるなどの特典を付けていますので、中古でもボルボが欲しいと思っている人には手が届きやすくなっています。