オーディオアンプの役割!?音質コントロールと増幅

プリメインアンプは1台で音を鳴らす事が出来ます

一般的なオーディオアンプはプリメインアンプと呼ぶ装置です。プリとメインが1つの筐体の中に収まっているアンプで、プリとは前段、メインとは後段などの意味を持ちます。前段および後段は、電子回路の構成を意味しており、前段部には音質をコントロールする機能、オーディオアンプに接続してある、他のオーディオ機器のファンクション機能などがあります。これに対して後段の電子回路は電力増幅を行う部分で、いわゆるパワーアンプと呼ぶ電子回路になります。オーディオアンプの中にはセパレート式と呼ぶ種類があるのですが、セパレート式はプリアンプとパワーアンプをそれぞれ接続する事でスピーカーから音を鳴らせるようになるもので、プリメインアンプを利用した場合には1台で済むメリットを持ちます。

音質にこだわりたい人にお勧めのセパレート式アンプ

セパレート式のアンプの場合、プリアンプとパワーアンプの2つを接続する必要がありますが、音へのこだわりを持つ人などは、好みの音質のプリアンプとパワーアンプを組み合わせて音楽を楽しむ人も少なくありません。アンプの性能は電源トランスで決まると言われており、より大きな電力を得る事が出来る電源トランスを搭載したアンプほど音質が良くなると言われています。プリメインアンプの場合はプリ部とパワー部が1つの筐体の中に収められる関係上、大きな電源トランスを内蔵させる事が出来ません。しかし、筐体を個別に出来るセパレート式のアンプであれば、大きな電源トランスを採用して電子回路を構成する事が可能になります。尚、パワーアンプの中にはモノラル方式もあり、ステレオで試聴するためには2台が必要になりますが、より大きな電源トランスを使えるメリットを持っています。

オーディオの買取はリサイクルショップではなく専門店へ依頼しましょう。確かな知識で大切なオーディオ機器を買い取ってもらえます。