利用者によってバスが変わる!!いろいろな利用方法があるよ!!

町内会や老人会で貸し切りバスを使う

町内会は大事な社会組織の一つです。マンションであれば同じマンション内で一定の組織があるかもしれません。会があればそれをまとめる人や協力する人がいて、さらにお金なども動きます。会の中で親睦を兼ねた旅行などが企画されたりもします。高齢者が多くなると老人会などの組織もあり、こちらでも会の人たちで旅行に行くかもしれません。貸し切りバスであれば、町内から出発できるので参加者が参加しやすくなっています。注意としては参加者に配慮したバス選びやスケジュールになるでしょう。町内会にしても老人会にしても高齢者の参加があります。高齢者でも乗り降りしやすいタイプ、リフト付きで車いすでも利用できるバスなどを手配した方がいいでしょう。高齢者はトイレを気にする人が多くなります。トイレ休憩の回数を増やすなどのスケジュールが必要になります。

一時的に継続的に送迎をする契約

新たに住宅地などが作られた時、必ずしもその地までの交通手段が十分でない時があります。路線バスなどは需要が無ければ延伸や新路線などは作られません。需要ができればそれなりに対応してくれる可能性があります。この時、住人用に貸し切りバスの運行をしてくれる時があります。運行をするのは住宅を開発した会社などで、あくまでも一定期間になります。その住宅地を開発している時から、実際に入居をして数年ぐらいになるでしょう。また路線バスなどのバスが新たにできるまで運行してくれる時もあります。利用者に一定の負担を求める時もあれば、住宅会社がすべて負担をして運行してくれる時もあります。マイクロバスが多いですが、利用者が多くなるともう少しサイズの大きいバスが利用されるときもあります。

会社や学校、サークルなど、さまざまな団体が貸切バスを利用することができます。日帰り旅行に使うことも可能ですから、楽しい思い出を作りたい場合に最適です。